信頼関係を作る お名前+挨拶


2018/04/26

ラッとした爽やかな午後です。
これから梅雨までの季節が一番よい時期ですね。

職場では人の出入りが多いこの時期
一緒に働くメンバーと今よりぐっと仲良くなるチャンスでもあるんですよ。 

rawpixel-com-250087-unsplash

例えば挨拶。相手との距離をぐっと近くして
相手が部下であれば、その一言でモチベーションも上がる言葉が
お名前+挨拶なんです。

朝、職場に入ったときに「おはよう」って自分から
声をかけるのも勇気がいるのに
1人1人に「〇〇さん、おはよう」って出来るかなと
思う方もいるかもしれませんね。

けれど名前を呼ぶ、おはよう、こんにちは、ありがとう、ごめんなさい
などの言葉は相手の存在を認める最高の承認の言葉なのです。

実際に、クライアントさんの話ですが
普段何気なく職場に入ったときに
「おはよう」とあいさつしてたけれど
たまたま、部下の1人と目があったので
目をみて「あっ、A君おはよう」と声をかけたのだそうです。

そうしたらA君、ニコニコしている。
そして「何かすることありますか?」とむこうから
声をかけてきたので「どうしたの?」と思わず聞いてしまったら
「何かうれしくて」と。

それでこのお話をしたのですが
これをきっかけに「お名前+挨拶」を続けていらっしゃいます。
もともと関係性のよい部署でしたが
部下のモチベーションが上がり自分から主体で動くことが
増えたと感じています。

今までの習慣を変えるのって
なんとなくハードルが高いですが
人の出入りや、物事が動いている時期なら
始めやすくないですか?

職場のコミュニケーションについて
皆さんそれぞれ悩みがあったり
こうなればいいなと思っていても
何をどうしたらいいのかわからない
という声や

すぐになんとかしたい
鉄板の〇〇があればいい
と思っている方もとても多いです。

残念ながらすぐに効く鉄板の〇〇はありませんが

けれど、ごく日常の当たり前のこと
目の前にいる相手をちゃんと認めることで
さっきの例のように、相手の反応も変わりますよね。

お名前+あいさつも、最初はびっくりして
怪訝に思われるかもしれません。
けれどそこに純粋に、「〇〇さんと仲良くなりたい」という
気持ちがあればそのうち伝わります。

まずは自分から動く。
日常にあるごく身近なことからでOK.
続ける。

これだけです。

ぜひ、やってみてくださいね。

あっ、一緒に 「笑顔プラス目を見る」を
忘れないでください。

5月以降、ステップメール、講座の開催など
予定しています。
お知らせを希望される方はこちらから
ご登録ください。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSyIRnMyvIRnM

研修・講演のご依頼、お問い合わせはこちらから
お願いします。

http://www.motto-labo.com/training-contact.html

セッションなど個人の方のお問い合わせは
こちらからお願いします。

http://www.motto-labo.com/coaching-contact.html