【本の感想】ガラスのハートの取扱説明書


2020/07/28

モット!コミュニケーションラボ
宮本敦子です。

Amazonなどにいただいた感想を
紹介していきます。

本当にありがとうございます。

今日は、ちょっと面白い視点の感想を紹介します。
本の中には、若手あるあるを沢山紹介しています。

なぜ、お互いにすれ違うのか。
それは持っている前提が違うからです。

例えば、飲みに誘ったら「無理です」と断られた例。

うざい上司や無駄な会社の付き合いはしたくないのは
若手に限らず、それは同じです。

ですが、関係性が出来ている上司や先輩からの誘いは大歓迎なのです。
ただし自分の予定が優先されるので、何を差し置いてでもはいきません。
だから断るのですが、その断り方が
うざい上司の誘いを断る時も、下の例の時も同じということ。

「行きたいのですが、残念です。次絶対誘ってください」とか
そういうボキャブラリーがある若手は少ないのです。
大抵は断られると、もう誘わないですよね。
すると若手は「誘ってくれないな」と思っているのです。

自分と相手の関係は、上か下か・・は見極める必要はありますけどね。

こんな風に、感情表現が少なめ、ボキャブラリー少なめと
わかっていたら、なんで?と思うことも
そういうもの・・と対処が出来ます。

ギャップを知ってるのと、知らないのとでは
ストレス量が全然違いますね。

本書では、目からの鱗の、若手あるあるも
色々紹介しています。

本の詳細はこちら、プレゼントもあります!

若手社員との関係がうまくいかないと思ったら読む本−40代管理職が知っておくべき関わり方−

 

ガラスのハートの取扱説明書

 

若手を飲みに誘ったら「無理です」とキッパリ断られた。そのことで自分が嫌われてると思っておられる方は多いと思います。しかし本書によると、彼らの多くは単に断り方が下手なだけで本当は「タイミングが合えば次はぜひ行きたい!」「もっと誘ってほしい」と思っているとのこと。

本書の中にはこういった管理職が知るのも気づくのも難しい「若手の新常識」が多数登場します。

もちろん彼らと関係を築き育成していくための具体的なステップやノウハウ、ワークも詳細に語られているのですが、個人的に面白いと思ったのはいろんな珍しいエピソードです。

●会議の場所を食堂に変えただけなのに・・・
●挨拶に名前を加えただけなのに・・・
●部下のデスクで面談をしただけなのに・・・
●焼肉を奢ってもらうのが夢だと伝えただけなのに・・・

何が起こったのかは本書を読んでご確認ください笑

 

 宝石赤 お知らせ 
  「若手社員との関係がうまくいかないと思ったら読む本」 7月上旬発売しました 

   詳細はこちらになります。

   http://www.motto-labo.com/book.html

宝石赤 プレゼント 7回に分けてお届けします!
  「すぐ実践できる!女性社員が活き活き働く関わり方7つのヒケツ」

  こちらからどうぞ。

  http://www.motto-labo.com/?p=1031

     

 宝石赤 モット!コミュニ!ケーションラボ通信 不定期配信中
  
私自身のテーマでもある「自分らしく生きる」の視点から
  私自身の日々の中の出来事、旅、食、から、人と組織のことまで
  
面白いな・楽しいな・皆さんにシェアしたいなと思うこと色々や
  講座やセミナーなどのお知らせなど発信しています。
  登録はこちらからお願いします

 宝石赤 モット!コミュニケーションラボ HP 
 
 http://www.motto-labo.com