【感想】「コーチング」を受けているような新しい感覚の一冊です!


2020/07/27

モット!コミュニケーションラボ
宮本敦子です。

Amazonなどにいただいた感想を
紹介していきます。

本当にありがとうございます。

 

79B1C6B7-A3BC-4651-808B-0A42106B5E9F_4_5005_c

 

「コーチング」を受けているような新しい感覚の一冊です

まず、こころ当たりのある方は必ずよんでみてください!

大きな気づき、小さな気づきがたくさん見つかるはずです。

仕事での関わり合い(コミュニケーション)によって生産性、成果、達成感また幸福感まで大きく変わります。
特に40代は現実的に若手と接する最前線のかたも多いと思います
あえて対象を絞っていますが働く人みなさんにとって大切なことが書かれています。
私自身、その中の一人で特に仕事柄、あらためて思います。
そして周りにもこの問題に対して悩む多くのひとがいます。

この本はマインドだけではない、スキルだけでもない、どちらも大切だと丁寧にそして具体的に書かれていて、わかりやすく自己チェックができました。
なんとなく、日頃感じていること、行動に移そうと思ってもどうしていいか迷ってしまうことに対してアクションプランを提示してくれます。

40代の管理職向けに書かれた本ですが20代の方でも相手を理解しようとするちから、自分自身を深く知るちからが仕事にそして人生にいかに大切か認識してもらえる1冊ですのでぜひ読んでもらいたいと感じました。

心の扉を開けるのかは若手であっても管理職でもあっても自分次第でできることです。
そこからでしか変化は起きません。
本文にあるyouメッセージ(主語が相手)ではなくIメッセージ(主語は私)での視点で考えてみるいい機会だと思います。

私自身、さまざまな自己啓発やマネジメントの本を読んできましたが、同じような内容なのかなと思いながら読み始めましたがこの本はなにか印象が違いました。
考えてみると、本を通して「コーチング」を受けているような感覚で自分ならどうするかどうすべきだろうと頭に浮かべながら読み進めていたような気がします。
※著者がコーチをされているということもあり全体的に自分に問いかけて考えてみてくださいというメッセージがあるのかなと。
押し付けではなく、並走してくれていっしょに考えてくれているような感覚です。
本という媒体は一方的なメッセージになりがちですがうまく導いてくれるようでした。

著者の人柄も伝わり、自分自身これからの現実に取り入れていきたいと思える最高の一冊です。

 

本の詳細はこちら、プレゼントもあります!

若手社員との関係がうまくいかないと思ったら読む本−40代管理職が知っておくべき関わり方−

 

<著書> 7月発売しました 

 

Amazon

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4863675887/

 

紀伊國屋 

 

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784863675889

 

楽天

 

https://books.rakuten.co.jp/rb/16376484/

 

honto (ジュンク堂、丸善)

 

https://honto.jp/netstore/pd-book_30392449.html

 

 

 

宝石赤 お知らせ 
  「若手社員との関係がうまくいかないと思ったら読む本」 7月上旬発売しました 

   詳細はこちらになります。

   http://www.motto-labo.com/book.html

宝石赤 プレゼント 7回に分けてお届けします!
  「すぐ実践できる!女性社員が活き活き働く関わり方7つのヒケツ」

  こちらからどうぞ。

  http://www.motto-labo.com/?p=1031

     

 宝石赤 モット!コミュニ!ケーションラボ通信 不定期配信中
  
私自身のテーマでもある「自分らしく生きる」の視点から
  私自身の日々の中の出来事、旅、食、から、人と組織のことまで
  
面白いな・楽しいな・皆さんにシェアしたいなと思うこと色々や
  講座やセミナーなどのお知らせなど発信しています。
  登録はこちらからお願いします

 宝石赤 モット!コミュニケーションラボ HP 
 
 http://www.motto-labo.com