聞くを意識する前に大切なこと


2020/07/15

人と組織の成果と成長に
とことんこだわり関わる
モット!コミュニケーションラボ
宮本敦子です。

今日は京都でした。

しばらくバタバタしていたので
ゆっくりとランチの時間を楽しみました。

エントランスの前庭
雨に濡れて趣がありましたよ。

10530099-FD9C-4655-8683-9DE3B939B6DF

今日は、オンラインコミュニケーションについて。

 

書店をまわっていると、「聞く」に関する本が

多いですね。

特集の棚があったり。

 

私たちコーチは世界中にクライアントが

持てるのです。

なぜなら、セッションはオンラインでも行うから。

 

今はオンラインでも画面共有が簡単だけれど

前は、音声のみが大半でした。

 

そのため、顔を知らないクライアントも

大勢います。

 

なぜか・・・。

 

それは、やりとりするのは、話の内容ではなく

クライアントの後ろにあるものなんです。

 

例えば

「元気ですか?」

「元気です」

の答えではなく、その声のトーンや、間や、前後の話との抑揚など。

それを感じる。

 

クライアントが、リラックスして

思う存分、自分と対話できる環境を作り

質問に集中して、自分の内面を旅し

本人も気づかないような深いところから

何かが出てくるような

そんな時間を作っていきます。

 

聞くということに焦点を当てるとそんな感じです。

 

コーチとクライアントで会話というツールを

使って、双方向のやりとりをしているのだけど

 

日常の対話との違いは、お互いの話や感情を

キャッチボールするけれど

セッションのは、クライアントの自問自答を

サポートしている感じです。

 

だから顔が見えなくても、お互いの関係性が

出来ていれば全く問題がないのです。

 

むしろお互いに余計な情報(映像)がない分

自分の話に集中できます。

 

こんな風に「聞く」にも、色々あります。

 

大事なことは、「目的は何か」です。

 

オンラインに話を戻してみると

雑談なのか

会議のように目的を持った時間なのか

面談なのか

 

すると、自ずと、優先されることがわかってきます。

 

雑談なら、双方の様子をやりとりしたほうが

話が弾みますね。

聞いてるよ、興味を持っているよ、のリアクションです。

対面より距離がありますから、それが伝わるにはどうすればいいか?

を考えます。

人によってコミュニケーションの量が多めな人、少なめな人が

いますから、自分はどうだろう?って考えることも大事ですね。

 

そうやって「聞き方」を意識しているけれども

何か、会話がぎこちない、距離を感じるんだよね・・

やはりオンラインだからかな。

 

そうでしょうか?

 

今、巷で大流行のオンライン飲み会

もし、上記なら、例え外で飲めないにしても

こんなに流行らないと思うのです。

そこには「聞く」スキルなんて誰も意識してないでしょう?

 

上との差は、何でしょうか?

 

物事には順番があるように

スキルを意識する前に、大事なことは、関係性です。

 

自分との関係力、 他者との関係力

そこに目を向けてみてくださいね。

 

リアルであっていた時は、無意識にとっていたコミュニケーションも

テレワークが増えて、会わない時間が増えると

意識してコミュニケーションの質を上げていくことが

大事になります。

 

#モット!コミュニケーションラボ
#コーチング神戸
#コーチング
#研修
#組織づくりコンサルティン
#若手社員との関係がうまくいかないと思ったら読む本
#宮本敦子