研修業界サミットに参加して、梅島みよ先生のお話を聞いてきました。


2018/08/06

週末は、「研修業界経営者サミット」に参加しました。

基調講演は、94歳にて今も現役で活躍されている
人事コンサルタント、梅島みよ先生の話が聞きたくて
東京での案件を前後にぎゅっと押し込み
行ってきました。

FB_IMG_1533438733854

戦後、米軍基地で働く日本人向けの人材育成研修を手掛け
1966年に創業し、その当時から女性向けの研修を手がけていた
梅島先生の言葉には1つ、1つ説得力がありました。

例えば、

女性は、何か新しいことを任せられるとき
私は何もできない・・としり込みしてしまいがちだけど
そんなこと言わなくても大丈夫。

リーダーは完璧でなくていい。
出来ること、出来ないことをはっきりすると
周りが助けてくれる。
助けてもらったらお礼を言えばいい。

先生ご自身も、仕事、子育て、家庭を両立して
来られたのだけど

例えば、必要ならベビーシッターを頼むとか
自分が苦手なこと、出来ないことは人に頼む。
お金と時間を有効に使うことをしてきましたよ。
どうしても、家事にお金を使うところに
抵抗感がある人が多いのではないかしら?
出来る人、事を上手にマッチングして
お願いして、ありがとうと言う。
肩肘をはらない。抱え込まない。
それでいいのではないかしら?

の言葉はリーダーは・・に通じることが
ありますね。

女性研修や女性のクライアントさんに
こんなお話を聞いたのよと
お伝えしたいと思いました。

先生のお話を聞いていると
意思や信念ももちろんおありになるけれど
先生を動かしているのは子供のような好奇心
かなと思いました。

大きな山が出現したときでも
わー、どうしょうかと悩むより
大きな山だ、これ、どうやって登ろうかな?
と少しプランしたらあとはとにかく登る。

その行動力と、飾らない等身大の人柄で
すごい人なのだけれど、自然に人が周りに
集まる。で、どんどん、色々なことが動いていくのだなと。

それにしても、1時間立って話され
60年前の人の名前も
横文字もよどみなく
笑いもとりながら、お話をすすめていく。
そこに感服いたしました。

私の両親は80歳前ですが
すでに介護のいる状態で
主人の両親も母は介護で見送りましたから

正直、未来の自分を鮮明に
イメージしにくかったのです。

けれど94歳で「好きな仕事を一生やる」と
言われている梅島先生の姿に

未来の自分を重ねてみると
リアルな自分がそこにいて
ワクワクが楽しみになりました。

先生とお写真を撮っていただきましたが
私のほうが疲れております (笑)

rbt

懇親会では、研修会社の方、様々な分野の講師の方と
お話をさせていただきました。

個から、組織から、もっと日本を笑顔でいっぱいの
元気な国にしたいという想いで
人」に関わるテーマに本気でかかわられている皆さんに
つながりやエネルギーやアイデアやアドバイスや
沢山いただきてきました。

今週は九州の法人様に伺うので
しっかり準備して
全力で皆さんとお会いしてきたいと
思います。