仕事時間、大事にしている習慣


2018/07/22

司会業からお勤めになってからも
講師やプレゼンや時々司会と
現場での仕事が
多かったのですが

そんな現場での仕事が
あるときの
司会の仕事をしていた
20代の頃からの
大切にしている習慣があります。

それは現場の近くの
落ち着くカフェで一息。
それから現場に入ります。

早めに現場に着いておくけれど
先方の希望する入り時間までの
その調整タイムの側面より

シフトチェンジタイムです。

btr

現場に入るその前から
私とクライアントとの
時間は始まっていて

 
私の感覚だと
仕事に合わせた
着ぐるみを着る感じ(笑)
 
何をするか
シミュレーションと
イメージングと
 
それが終わったら
ニュートラルポジション。
ぼーっとします。

私のぼーっとは
あれこれ自由に想像を飛ばしているか。
意図的に思考を止めるか。
その時によって違います。

 
現場は生き物。
主役はクライアント。
と心得ているので
 
準備7~8割と
意識していて準備します。
フレームとポイントは
抑えておき
 あとはライブ
現場の空気感を
大事にします。
 
そのために
私には複数の
ワタシが必要です。
(視点ですね)
 
かなりエネルギーを
使うので
この始まりの時間は
エネルギーを集約するために
大事なのです。
 
では、そろそろ
最後の儀式に望み
(これも重要)
いきますか❗
 
ちなみに
営業や
打ち合わせなど
ここ一番の大切な
訪問のときに
このコンパクトバージョン
を使うと上手くいきます。
クライアントさんにも
好評です✨